講師条件(A・B・Cいずれかに該当する、または該当していた方)

A:大学等で「心の健康」に関する科目を担当する教授・准教授・常勤講師・非常勤講師・助教の職

所属学部は問いません。心理学部に限らず、教育学部・経済学部・看護学部等において、心の健康に関連する科目を担当されていれば、ご登壇は可能です。
(該当と思われる科目例:臨床心理学・教育心理学・看護心理学・労働心理学・福祉心理学・犯罪心理学など)

B:医師(精神科・心療内科)、又は大学等で「精神医学」を担当する教授・准教授・講師・助教の職
C:心理に関する支援を要するものに対し、相談・助言・指導を行う業務に5年以上従事し、上記Aと同等の知識技能を有する

 

1.5時間×5コマ×4日=計30時間を、複数の講師で分担して実施していただきます。

会場

姫路・岡山・香川で開催を検討中

報酬等

ご相談いたします。

業務委託契約(雇用関係はありません)
報酬に対して源泉徴収を行い、確定申告の際に必要となる支払調書を発行します。

応募方法

メニューより、お問い合わせフォームへお進みいただき、お知らせください。現時点では未確定要素が多いため、詳細についてはお会いしてご説明いたします。