「-革新は地方から-」 一般社団法人播磨講師協会は、人の成長をサポートすることで、地域の発展に貢献します。

公認心理師現任者講習会(播磨講師協会)

  • HOME »
  • 公認心理師現任者講習会(播磨講師協会)

一般社団法人播磨講師協会は、公認心理師法附則第2条第2項第1号の講習会(現任者講習会)実施者として、令和2年8月28日(金)に厚生労働省から指定を受けました。令和2年度に実施する公認心理師現任者講習会は、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、特例としてオンラインでの実施が認められています。

※ 令和2年度開催 公認心理師現任者講習会 厚生労働省ホームページ
※ 厚生労働省ホームページ内の「公認心理師の資格取得方法について」において、「区分G」に該当する講習です。
※ 本講習会は、公認心理師試験の合格対策のための講習会ではありません。

臨床心理士・スクールカウンセラーをはじめ、教育・医療・福祉・高齢者施設などで、相談業務やカウンセリング業務に通算5年以上の実務経験がある方は、ぜひ受講をご検討ください。

公認心理師試験は、大学及び大学院で定められた科目を修得し、卒業及び修了することで受験資格が認められるものです。しかし、施行規則で定める対象者については、令和3年11月までに『公認心理師現任者講習会』を受講・修了することで、受験資格が与えられます。

公認心理師現任者講習会は、学歴・経験・公認心理師試験受験予定の有無を問わず、どなたでも受講することができます。「現任者」として認定されるかについては、当協会が指定試験機関ではないためお答えいたしかねます。受験資格が得られない場合であっても、当協会は責任を負いかねますことをご承知おきください。

【公認心理師試験【区分G】の実務経験5年について】

実務経験に関するお問い合わせを多くいただいておりますが、当協会では個別にお答えすることができません。『第3回受験の手引き』の、以下のページに記載がありますので、ご確認ください。

  • P1 はじめに
  • P19~24 【区分G】申し込みの注意事項
  • P35~45 【区分G】実務経験証明書の記入例
  • P53~54 コード一覧(分野施設コード一覧)

 

2020年 公認心理師現任者講習会(オンライン講習会)

コロナウイルス感染症予防のため、当協会では2020年に限りオンライン講習を実施いたします。受講は、動画の視聴とレポートです。動画視聴期間内であれば24時間いつでもご都合のいい時に受講が可能です。(通信障害等のトラブルを極力防止するため、ライブ配信や、講師・受講生のやり取りはありません。)

【動画視聴期間】2020年12月1日(火)~2020年12月20日(日)
【課題提出期間】2020年12月21日(月)~2020年12月23日(水)当日消印有効
【定員数】1400名
【受講料】35,000円(消費税込、テキスト代金含まず、銀行振込手数料は受講者負担)

【当協会での現任者講習会の特徴】

当協会では、オンライン講習を受けたことがない方や、高齢の方にも分かりやすく取り組めることを最優先に、『カンタン操作』で実施します。

常に安定した動画視聴が実現できるよう、双方向のライブ通信や、顔認証システムといった不慣れなシステムを導入しておりません。また、受講生同士のトラブルを防止するため、オンラインでのディスカッションは導入しておりません。予測できる限りのトラブルの要因を排除し、分かりやすい操作方法で受講できるようにしています。パソコンの入力作業が苦手な方のためにも、レポートは記述式です。少しアナログなので面倒に感じるかもしれませんが、『カンタン操作』にしています。そのことが、低価格の実現にもつながっております。

【必ず準備していただくもの】

  • 各自テキストをご用意ください。 「公認心理師現任者講習会テキスト(改訂版)」金剛出版
  • 本人確認(氏名・住所・生年月日)のため、顔写真付き身分証明書(運転免許証・マイナンバーカードのいずれか、有効期限内のものに限定)の画像データをご提出いただきます。当協会規定により、どちらもお持ちでない方は受講できません。(申込時にご提示いただく受講生情報と、身分証明書の記載内容が異なる場合、受講できません。)
  • 受講には、動画視聴専用端末(パソコン・タブレット)と、デジタルカメラ(カメラ機能付きスマホ可)の2機種が必要となります。
  • 動画視聴には、安定した通信回線と、モニタ(15インチ以上推奨)が必要です。推奨環境はこちらをご確認ください。
  • デジタルカメラは、受講生自身が受講していることを証明する目的で、視聴しているご自身を撮影し、後日メールにてご提出いただきます。撮影・提出方法等の詳細は、受講決定後にご案内いたします。

【受講の流れ】

  • 動画視聴期間内に指定URLへアクセスし、定められた時間の講義動画を全て視聴してください。
  • レポート科目については、動画を視聴しながら事前に配布するレポート冊子に記述し、課題提出期間に郵送していただきます。
  • 動画視聴中、本人確認のための写真撮影を求めます。後日、当協会へメール送信にてご提出いただきます。

【修了認定】

  • 視聴システムの再生履歴(各科目90分を1回以上の再生)、筆記レポート課題(各テーマにつき6割以上の記述)提出、撮影写真(各科目での受講者の本人確認)提出により、修了認定の判定を行います。
  • お申込時の記載内容に虚偽の申請が認められた場合や、不正受講が認められた場合、修了は認められません。受講料の返金も行いません。
  • 本講習会の全課程を修了された方へ、令和3年1月中旬に修了書・修了証明書を郵送いたします。
  • 本講習会の全課程を修了された方は,公認心理師法(以下,法)附則第2条第2項1号に定める文部科学大臣及び厚生労働大臣が指定した講習会の課程を修了した者として認められます。
  • ただし,現任者として公認心理師試験の受験資格を得るためには,法附則第2条第2項1号及び2号の両方に該当することが必要となります。本講習会の修了をもって,公認心理師試験の受験資格が保証されるわけではありません。
  • 修了書は、第4回・第5回公認心理師試験の受験申込で必要となります。紛失しないよう、大切に保管してください。
  • 本講習会では、修了者の修了書番号が厚生労働省へ報告されます。ご了承ください。

講習スケジュール(1科目90分×20科目)

動画視聴期間 科目名 担当講師
12/1(火)~12/10(木) 公認心理師の職責 井上 靖子(大学・大学院教授)
心理的アセスメント 野田 暢子(臨床心理士・公認心理師)
心理的アセスメント(レポート) 野田 暢子(臨床心理士・公認心理師)
心理支援 野田 暢子(臨床心理士・公認心理師)
心理支援(レポート) 野田 暢子(臨床心理士・公認心理師)
精神医学を含む医学に関する知識 菊川 豪(医学博士)
精神医学を含む医学に関する知識  荒木 峰生(医師)
精神医学を含む医学に関する知識  菊川 豪(医学博士)
精神医学を含む医学に関する知識  荒木 峰生(医師)
12/11(金)~12/20(日) 福祉に関する制度 井上 靖子(大学・大学院教授)
福祉に関する課題と事例検討(レポート) 井上 靖子(大学・大学院教授)
教育に関する制度 井上 靖子(大学・大学院教授)
教育に関する課題と事例検討(レポート) 井上 靖子(大学・大学院教授)
産業・労働に関する制度 大野 太郎(大学・大学院教授)
産業・労働に関する課題と事例検討(レポート) 大野 太郎(大学・大学院教授)
司法・犯罪に関する制度 大野 太郎(大学・大学院教授)
司法・犯罪に関する課題と事例検討(レポート) 大野 太郎(大学・大学院教授)
保健医療に関する制度 東 千冬(大学・大学院准教授)
保健医療に関する課題と事例検討(レポート) 東 千冬(大学・大学院准教授)
評価・振り返り(レポート) 東 千冬(大学・大学院准教授)

お申込み方法

【受付期間】2020年9月1日(火)10:00~
  • 下記の申込みフォームより受け付けいたします。
  • 申込みが定員に到達していないため、定員到達または2020年10月31日(土)17:00のいずれか早い日時まで募集を継続し、受講予定者には随時メールにて通知いたします。

受講予定者の手続きについて

  • 「受講番号」「身分証明書の画像データアップロード方法」「お支払い方法」を、メールにて通知いたします。指定期日までにお手続きください。
  • 身分証明書の確認と入金確認が取れ次第、正式な受講決定とし、メールにて通知いたします。2020年11月中旬に、ご登録住所へ受講票・資料一式を郵送いたします。
  • 指定期日までに身分証明書と入金確認が取れない場合、受講キャンセルと判断し、順次キャンセル待ちの方へご案内いたします。

キャンセルポリシー

【受講者がキャンセルを希望する場合】

  • 件名を「公認心理師現任者講習会キャンセル希望」とし、受講番号・氏名を当協会へメールでお知らせください。
  • 受講料振込後のキャンセルについては、理由の如何を問わず払い戻しは行いません。十分ご検討・ご確認の上、お手続きください。
  • 他の講習との振り替えは行いません。

【当協会が開催中止を決定する場合】

  • 当ウェブサイトにて告知し、受講決定者には一斉メールで開催中止を通知いたします。
  • 当協会の責に帰すべき理由による中止については、受講料全額の払い戻しを行います。
  • 天災地変・不可抗力(洪水・台風・地震・津波・火災・感染症・伝染病・戦争等)の発生またはその影響により、自粛・中止せざるを得ない場合、受講料の7割を返金いたします。開催に向けた人件費その他事前準備に費用が発生するため、ご理解ください。
  • 受講に付随する費用の損害賠償は、行いません。

各種問い合わせ先

播磨講師協会 公認心理師現任者講習会の実施に関するお問い合わせ

こちらからお問い合わせください。(電話によるお問い合せは受け付けておりません)
携帯メールの受信制限等により,当協会からの返信が届かない場合がございます。PCメールよりお問い合わせ下さい。

公認心理師制度についてのお問い合わせ

こちらをご覧ください。
厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 精神・障害保健課 公認心理師制度推進室
※当協会現任者講習会の実施に関する問い合わせは、控えていただきますようお願いいたします。

公認心理師試験(受験資格・試験等)についてのお問い合わせ

こちらをご覧ください。
一般財団法人日本心理研修センター(指定試験機関)
※当協会現任者講習会の実施に関する問い合わせは、控えていただきますようお願いいたします。

受講者の個人情報(氏名、住所、連絡先等)は、本講習会に関する手続きや、関連講座等に関する情報提供に限定して利用いたします。

上記詳細を熟読の上、受講申込をされる方はこちらをクリック

2020年9月5日(土)0:00より、追加募集を開始いたします。
2020年9月24日(土)18:00現在、約430名を追加募集しております。先着順で受け付けいたします。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人播磨講師協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.